自家焙煎珈琲豆 さい豆

エントリー

2013年02月の記事は以下のとおりです。

パッケージデザイン

  • 2013/02/23 15:30

ファイル 247-1.jpg私が焙煎した珈琲豆でオリジナルのドリップパックが完成

こんなのって美味しい~って思ったことがなかったし、所詮邪道だと思っていましたが・・・

これならって思える美味しさでびっくり!

こんな細長のマグカップで淹れることをお勧めします

一杯分がたっぷり満足の12g入り

ファイル 247-2.jpg少し前になりますがパッケージデザインのセミナーに参加する機会があり、とても勉強になりました

引き算が難しいんですって・・・伝えたいことはたくさんあるけど・・・

県内のシールやさんと何度もメールやファックス、電話のやり取りをして、出来上がったシール


ファイル 247-3.jpgさらにお客様の意見も参考にしながらこんなパッケージ

十字に麻ひもで結んで、メッセージのタグ

ワンコインギフト用に箱詰めも

講師の先生が言われてました

中身はもちろんですが持ち運びやすさと外見の美しさ・・・

ファイル 247-4.jpgギフト用の箱の蓋を開ける時のテープにもこんな遊び心

マスキングテープに珈琲を淹れる時の絵

消しゴムハンコのお客様はどんどん腕を上げて、こんな細かいのもとっても上手に仕上げてくれます

ファイル 247-5.jpg専用のディスプレイのラックも気楽工房さんに
作成してもらいました

お客様の元に届くまで、たくさんの方の知恵と手を借りたドリップパック、ネーミングも「プチ贅沢・夢・ブレンド♪」

自分へのご褒美に、または、プチギフトに・・・

普段レギュラーcoffeeは面倒でという方にも愛される一杯になるといいな・・・

フランスパン

  • 2013/02/22 14:17

ファイル 246-1.jpg寒さの厳しい一週間でした

車を走らせると吹雪で対向車が見えない・・・
外に出ないで済むものなら・・・しかし

家の中でも寒いとなるべく動きたくなよぉ~になってしまっていました

ファイル 246-2.jpg油脂を入れない頑固なハード系のパンがやっぱり好きです

夜のうちに捏ねてオーバーナイト発酵

私は電気消してもう寝るけど、一人でテーブルの下にいてね・・・

冷蔵庫にあったチーズを中に入れてみたり、大小様々に成形して、二次発酵

ファイル 246-3.jpgクープを入れ蒸気を利かせて220℃

うまくいくかな・・・って
祈るような気持ちでキッチンタイマーをもって雪かきに

もう終わりにして欲しいよねぇ~この雪
などとご近所さんさとの挨拶も、ゆ・き・・・

ファイル 246-4.jpgタイマーがなって、慌ててオーブンの前
扉を開け、ちゃ~んとクープが開いていると
すっごく嬉しくなります やった~!!って感じ

これで失敗していたらまたテンション下がってただろうなぁ

久々に極上のフランスパンかな・・・ずーっと後を引く旨味、
元気な酵母に救われる思いです

ファイル 246-5.jpg今日のパンはうんと膨れて、中のチーズが溢れだしているのがありました

このパンのように地面の中でも春の芽が少しづつ膨らんでいるような気が・・・

コロンとしたパンを見てると、地表が暖かくなって一気に春が噴出してくる日も近いんだよねって思いました

キューブ型食パン

  • 2013/02/17 11:30

ファイル 245-1.jpgどうしよう・・・またモノを増やしちゃう・・・
って購入をためらっていた食パン型ですが買っちゃいました

後ろ左が1.5斤型、右が一斤型

手前が仲間入りした5㎝角のミニキューブ型です

ファイル 245-2.jpg使い始めはオイルを塗って空焼きが必要なタイプ

どんな可愛い食パンができるのか、た・の・し・み!


ファイル 245-3.jpg真四角にするには蓋を閉めないといけないけれど、生地量がつかめないから、今日はふたを閉めない山型にしましょ

一応50gの生地量にしてみますね

ファイル 245-4.jpg酵母の香ばしい香りがリビングに広がり・・・

焼けましたよ~♪ こんなかわいいミニキューブ食パン

酵母の旨味をゆっくり噛みしめ、日曜日ののんびりモーニング
ファイル 245-5.jpgおとといは東京は丸の内のケーキレッスンに参加

教室も先生も違うと、いろいろ勉強になります

東京の真ん中のオヒィス街、人の多さ、目に飛び込んでくる溢れる情報 

田舎よりずっと歩く量が多く、軽く筋肉痛のふくらはぎ

疲れました~

バレンタインのケーキ

  • 2013/02/14 00:23

ファイル 244-1.jpgジェノワーズ・ショコラを1.5センチにスライスして
ハート型に3枚

ファイル 244-2.jpg甘いチョコにフランボワーズの酸味の組み合わせが好きです

フランボワーズピュレを煮詰めて、甘みを加えてフランボワーズシロップをたっぷり染み込ませます

ファイル 244-3.jpg小さく切った苺と軽いガナッシュクリームをサンド

どんなデコにしよう・・・

このところチョコを扱ってばかりいたので、なんだか
コーティングする重いケーキにはしたくないなぁ

ファイル 244-4.jpgきれいな大粒の苺をハートの型で抜いてみました

ふっくらと赤くかわいいハートになりました

ちいさな緑は生のピスタチオを茹でて、刻んだもの

バレンタインですものキラキラの金箔もちょっぴり

ファイル 244-5.jpg今日はいつもセンスのいい素敵な手作り品をプレゼントしてくださるお客様の、かわいい息子さんたちのために作りましたよ

二人仲良く大きくなって、ママを支えるハンサム君になってね・・・

スフレ・ショコラ

  • 2013/02/10 16:46

ファイル 243-1.jpgサッシ屋さんはお昼休みをとらず、急いで仕上げて戻ってきてくれました。

私が珈琲豆を焙煎して、お客様にお渡しできるのも、こうした地域の技術屋さんがいらっしゃるから・・・つい先日も焙煎釜のベアリングの交換で市内の機械屋さんに出張修理をしていただきました。
頼もしく、有難い存在です。

ファイル 243-2.jpgさて、焼きあがったスフレ・ショコラです

オーブンから出した直後はふんわり、

冷めてくると、表面はひび割れてくるんですよね・・・

ファイル 243-3.jpg溶けないタイプの粉糖を振りかけて、切り分けてみると・・・

中は、じゅわ~って感じのウェットさ

それでいながら表面はサクぅ


ファイル 243-4.jpgお砂糖は粉糖を使い、スフレ部分は粉が入っていないから
お口の中で、トロ~ンて溶けるような食感♪

チョコもビターなタイプとスィートなタイプを
ブレンドしているから甘すぎなくって、おいしいね・・・

ファイル 243-5.jpg一つは実家の親に、かわいい3号サイズは
いつも山菜を持ってきてくださったお客様にお届けです

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

2013年02月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

キッズの講座
2016/07/25 10:03
バラの庭
2016/06/15 00:59
苺のチーズケーキ
2016/06/13 09:06
薔薇の季節
2016/06/05 17:27
ロールケーキ
2016/06/02 12:01
キッズの講座
2016/05/30 09:45
いちごのシャルロット
2016/05/23 16:56
マーガレット
2016/05/18 13:10
酵母ぱん
2016/05/11 23:23
いちごのケーキ
2016/05/09 23:51