自家焙煎珈琲豆 さい豆

エントリー

2012年11月の記事は以下のとおりです。

コンヴェルサシオン

  • 2012/11/29 08:13

ファイル 214-1.jpg粉糖、レモン汁、卵白を艶がでるまで、
しっかり混ぜ合わせて
グラス・ロワイヤルを作ります

ファイル 214-2.jpg蓋をして冷蔵庫にいれてた型に入ったままの
パイを取り出し、表面にグラスロワイヤルを塗って細く切ったパイ生地のリボンを交差させて載せます

指でさわっても付いてこない位まで
冷蔵庫でまた冷やしながら乾燥させるんですって

ファイル 214-3.jpg200℃のオーブンに入れていたらちょっと
焦げ気味・・・

もうすこしきれいな肌色みたいな表面を
期待してたのに・・・
やっぱりパイは手間暇がかかります

ファイル 214-4.jpgパイのサクサク、グラスロワイヤルのパリッとした
甘み、そしてアーモンドの風味が香ばしい
アーモンドクリームのしっとりした、一口で三つの食感が
楽しめる焼き菓子です

ファイル 214-5.jpg粗熱が取れたころ、慎重にナイフを入れてみました
アーモンドの殻もフードプロセッサーにかけているので
茶色いプツプツ

私が食べるのはこの半分でやめておきます
それでも、ものすごい量のバターと砂糖

上の交差したリボンが楽しいおしゃべりの意味だそうです

コンヴェルサシオン

  • 2012/11/27 21:41

ファイル 213-1.jpgホールアーモンドがほんの少し残っていました

以前教わったことのあるアーモンドクリーム入り焼き菓子
小さなタルト型の分ならとれるかな・・・

ファイル 213-2.jpgパイ生地はたくさん作って冷凍しているのがあるので、冷蔵庫の方に移してゆっくり解凍

空焼きしたホールアーモンドをフードプロセッサーでパウダーにすると、とっても香ばしいの

ファイル 213-3.jpgちいさなタルト型に2ミリに伸ばしたパイ生地をしいて、ピケをしたら、冷蔵庫で一度冷やします。

ファイル 213-4.jpg殻つきのホールアーモンドから作った、アーモンドクリームは
市販のアーモンドプードルを使ったのより、ずっとコクがあります。
アーモンドが新鮮ならもっと美味しかったんだろうなぁ・・・
ずっと冷蔵庫に入っていたからなぁ・・・

ファイル 213-5.jpgきっちりアーモンドクリームを詰めて、周囲に溶き卵をぬり、また2ミリに伸ばしたパイ生地をかぶせて冷蔵庫で休ませてから、余分な生地を切り落とすんですって・・・

さらに上にはグラスロワイヤルかぁ・・・
今晩はもうここまでにします。明日まで冷蔵庫で待機しててね・・・「おしゃべり」の意味のお菓子コンヴェルサシオン

パイってバターの量もすごいし、本当にめんどう・・・だから楽しいのかも

ヴィェノワーズ・ショコラ

  • 2012/11/25 23:58

ファイル 212-1.jpg今月も最後の日曜日
久しぶりに穏やかな天気

ワン達の散歩を終え、酵母ぱんを仕込みました。

今日はチョコチップを入れた甘いパン

ファイル 212-2.jpg二次発呼の前に表面に5ミリ間隔くらいに切り目を入れ
、一時間25度のホイロに

ファイル 212-3.jpgふっくらしてから丁寧に溶き卵を塗り、
200℃のオーブンにたっぷりの霧吹き
してから入れました

ファイル 212-4.jpg本当は焼きあがって溶かしバターを
塗ればいいところですが
今日は省略

というより、バターの摂取はなるべく控えるべき・・・
食べるとき、手がべとつくのもあまり好きじゃありません


ファイル 212-5.jpg今日はすりおろしたりんご30cc程の
絞り汁の栄養もあげた酵母くん。

元気にまた盛り上がる様子は子供の成長を見るような気分

昨日は息子の部活の3年生を送る会が市内のホテルでありました
今回は送られる立場の息子
子供達の一人一人のメッセージに笑いと涙でした・・・

お客様

  • 2012/11/21 23:00

ファイル 211-1.jpgこちらのステッカーは男性のお客様

ホームセンターで購入できるシールだそうですが
こんなに細かい作業を自宅でコツコツやってくださったこと
に頭が下がります

何でお礼したらいいかなぁ・・・

ファイル 211-2.jpgせっかくのステッカー
どこに貼ろうって考えて・・・

工房内の電波時計は狂いの心配がないから
毎日こころ強い味方、何度目をやることか・・・

でも、なんか味気ないんだよな~とは気になっていましたが
オリジナルロゴいりに変身で~す♪

ファイル 211-3.jpgこちらは、前回の苔玉のお客様
晩秋までいい状態で花を付けいている紫陽花を見つけて
リースにしてくれて持ってきてくれました。

いびつな丸型はあけびツルのリースが丸く
まとまらなかったそうです

今月にはいり青空がほとんどない秋田
工房内に華やかさを添えてくれています

ファイル 211-4.jpg玄米を扱うお仕事をされているお客様が
わたしもこんなデザインでお願いできないかな・・・と
依頼していた消しゴムハンコ

またまた見事に仕上げてきてくださいました
インクも付けて持ってきてくださったのに、
御礼なんて・・・と・・・本当に謙虚なお客様なんです

ファイル 211-5.jpg昨日はおうちカフェ講座でした
初めて使わせていただいた、新しい会館の調理室
使い勝手が分からず慌てた場面もあったけど、無事に終わってホッ

地元新聞社の記者さんが取材にいらしてくださっていましたが、もう今日の新聞に小さく掲載になってたんですって・・・

写ったら困る方~って担当さんが聞いたとき手を挙げた方がほとんどだったんですけどぉ・・・

お客様

  • 2012/11/19 08:28

ファイル 210-1.jpgここ数日でお客様から頂いた素敵なモノ
を紹介させてください

昨年もマフラーと帽子を編んで下さったお客様
私の何年も前の毛糸を全部お渡ししていましたが
ことしはスヌードを仕上げてきてくれました

ファイル 210-2.jpg工房の壁のリースも一年たつと色あせてしまって、やっぱり
今年のモノが欲しかった・・・ウメモドキ

葉っぱが落ちるのを待って、リースにまとめますね。
いったい、どこで見つけるんでしょ

ファイル 210-3.jpg消しゴムハンコが上手なお客様は今回はこんな
細かい雪模様

これからのシーズンの珈琲豆の袋に押させてもらいます
ワンポイントあるとないでは印象が全然違うのでとっても
効果的。水色のインクを買い足しました。
ありがとうございます

ファイル 210-4.jpg自然の苔を使った苔玉

差し込んでいる緑はなんと100均であったという珈琲の木
100円で2本ついていたんですって、
100均でそんなのもあったんだぁ~

ファイル 210-5.jpg欠けさせてしまって、出番がなかったこんな器
こんな使い方でまた息を吹き返すようで大好きです

タイヤも取り替え、冬支度のなか
小さな緑がとっても愛おしいですね

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3

ユーティリティ

2012年11月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

キッズの講座
2016/07/25 10:03
バラの庭
2016/06/15 00:59
苺のチーズケーキ
2016/06/13 09:06
薔薇の季節
2016/06/05 17:27
ロールケーキ
2016/06/02 12:01
キッズの講座
2016/05/30 09:45
いちごのシャルロット
2016/05/23 16:56
マーガレット
2016/05/18 13:10
酵母ぱん
2016/05/11 23:23
いちごのケーキ
2016/05/09 23:51