秋田県由利本荘市の自家焙煎珈琲豆専門店『さい豆』の工房

記事一覧

イチジクのタルト

ファイル 442-1.jpgイチジク・・・何のお菓子にしよう・・・

やっぱりタルトかな・・・

櫛形にカット

なんか、ここまでは許せる・・・?

ファイル 442-2.jpgうわっ・・・(-_-;)

このビジュアル・・・

これが受け付けない・・・って方

多いんじゃないかな・・・

でも、生のまま食べても、とっても甘い熟れ具合のイチジク

ファイル 442-3.jpg余った生地ではプチタルトに・・・

オーブンから出した瞬間は、
完熟で水分の多いイチジクはぐつぐつ言ってて、

うわぁ~おいしそ~

とっても甘い匂に包まれましたぁ~

ファイル 442-4.jpgイチジクをたっぷり並べたときは、アーモンドクリームをもっと控えればよかった・・・

イチジクがぐつぐつ煮えて、果汁がパイ皿の底に
流れ込んだ様子で型からはずすのに難儀しました

次回の反省です

ファイル 442-5.jpgプチタルトをカットして、熱~いうちにそっとかじってみると・・・

とろけるような食感と甘さ

イチジク・・・無花果・・・ちょっと、見方が変わりました

私にとっては、甘露煮と違って、タルトにするとなんて美味しいんでしょ

新境地が開けた気持ちかな・・・

5号サイズのタルトは無花果をくださったお客様にお返しです

秋満載

ファイル 441-1.jpg一度に秋が押し寄せるように
届けられて・・・

半ば悲鳴。。。状態・・・

りんごの重さには、今後要注意!の矢先・・・

たくさんの干し柿用・・・

ありがとうございます

ファイル 441-2.jpgそろそろ、傷んでくるから・・・って
届いたかぼちゃ

冬至まで、待てないかな・・・

ファイル 441-3.jpg生のままで食べても十分美味しい、完熟、もぎたてのイチジク

なんですが・・・イチジク・・・

決して、得意ではありません・・・

子供の頃から、どこからともなくこの季節に漂ってくる甘露煮の甘い匂いは・・・と、おっしゃる方が少なくないイチジク

なんの、お菓子にしよう・・・

ファイル 441-4.jpgそんな、秋の恵みたちに一日まって・・・と
昨日は夫のマラソン大会にお付き合い

昨年と大違いでお天気に恵まれました

帰路はお気に入りのお風呂

ちょうど入浴客が切れたタイミングでパチリ

ファイル 441-5.jpg全く囲いのない露天風呂

ススキが揺れ、心地よい風に当たりながらの入浴

秋を満喫の日曜

柿とイチジクとかぼちゃが待ってました・・・

ショーソン・オ・ポム

ファイル 440-1.jpg一昨日、ワン達の散歩中、上空からの声に目をやると・・・

台風一過の青空に、きらきら光るVラインをみました

もお、来ちゃった?・・・冬の使者たち・・・白鳥

なんか、すべてにおいて、急かされます

とりあえず、たくさんの紅玉でコンポート作り

ファイル 440-2.jpgバターをデトランプで包み込むフィユテ生地は
面倒なんですよ・・・

このところバターの入手は制限がかかってて、

お値段は上がってて・・・

ファイル 440-3.jpgこれまで、何度も、失敗を繰り返した

ショーソン・オ・ポム

心配そうに覗き込んでいた、オーブンの中は
幾重もの層が・・・

やった~!!・・・の気分

今回はイイカンジ・・・

ファイル 440-4.jpg程よく焼き色がついた、葉っぱの
模様が可愛いです!!

熱々を食べると、バニラの甘い香りが流れてくる
とろりとしたコンポートが・・・

ん~美味し!!

ファイル 440-5.jpg二度目に戴いた紅玉りんごを

お店から、自宅に運んだ時です・・・腰が。。。

ちょっと・・・痛めてしまったみたい、
温湿布はって、ストレッチ続けています

なんとりんごは三段になってびっしり入ってたんですもの・・・

タルトタタン

ファイル 439-1.jpgこの時期のりんごのために(?)用意した
フランス製マンケ型と銅の焼きごて

今年もおいしい紅玉りんごのおいしいタルトタタンに
なぁ~れ・・・

ファイル 439-2.jpg小ぶりな型ですが、りんごの量はたっぷり必要・・・

軽くカラメルゼしたりんごを縦にぎっしり詰め込み・・・

170℃のオーブンで1時間以上

ファイル 439-3.jpgりんご農家さんが美味しさに感動して、
忘れられない味となったというタルトタタン

ベストな状態でお渡しするまで、私は落ち着きませんでした・・・

まるで、たっぷりの結納金を戴いてしまっているような気分で過ごしているところ・・・

ファイル 439-4.jpg今日、タイミングよく、リンゴ農家さんがいらしてくれました

昨夜、真夜中にまた焼いたアップルパイ、
冷凍庫からだして、焼きごてをあてたタルトタタン、
おまけ(?)の自家製酵母のぱん


無事にお渡しできました♪ この鼈甲色が美味しさを保障してくれてま~す・・・

ファイル 439-5.jpg真っ赤なりんごをお菓子に替えて、お預かりした娘をまるで、お嫁にだした気分・・・

やっと、胸をなでおろしたと思ったら・・・

今日はさらにたっぷりの紅玉を置いて行ってくれました。。

ひぇ~?!・・・

りんごのタルト

ファイル 438-1.jpgバターのお値段が上がっていることが悲しい。。けど

パイ生地作りに最適な気温が嬉しくて・・・

真っ赤な紅玉りんごが嬉しくて・・・

ブリゼ生地の仕込み

ファイル 438-2.jpg無駄を出さないように型の大きさに合わせて・・・

ま~るく、ま~るく、

生地温、室温、がちょどだと、パイ生地の扱いが
とっても楽です

ファイル 438-3.jpgパイ生地の上には、アーモンドクリーム

そして、3ミリの厚さにスライスしたりんごを
切り口をずらしながら並べます

上にグラニュー糖をたっぷり振り、
小さくちぎったバターをところどころに乗せて、オーブン

ファイル 438-4.jpg焼けたら、アプリコットジャムに水を加えて
煮詰めてから塗りました

艶がでて、見た目の美味しさアップ


ファイル 438-5.jpg生のまま使うりんごのジューシーさが味わえて美味しいんです!!

この時期必ず作りたいタルト

おうちメイドは、タルト生地がサックサックの
うちに食べられるから、美味しいんです!!

特にこの側面、たまりません♪

焼きりんご

ファイル 437-1.jpgせっかくの紅玉りんご

なんどか、ボスボス状態の紅玉を購入経験があり、
美味しさが長続きしないことを知っているだけに・・・

シャキッとしているうちにお菓子にしなきゃ・・・

って焦っているここ数日

発砲スチロールの保存がいいそうです

ファイル 437-2.jpg紅玉ならではの、代表が焼きりんご

りんごの芯に丸い抜型をりんごの中央まで刺しこみ・・・

ファイル 437-3.jpgグラニュー糖、レーズン、バター、シナモン
を詰めました

焼いている間に皮が破けないように、
爪楊枝でところどころ穴をあけ・・・

170℃のオーブンで、焼くこと一時間

ファイル 437-4.jpgまるで、ディズニーのアニメ、「白雪姫」
のりんごのような、真紅の紅玉

りんご農家さんが言ってました

今年の紅玉は蜜が入っているんですよ・・・


ファイル 437-5.jpgそんな、素晴らしい紅玉の焼きりんご

翌日、よ~く冷めてから、ナイフとフォークで割ってみました

食べる前から、口の中は、唾を何度も飲み込んで・・・

その甘酸っぱさと言ったら~

秋を・・・あ。り。が。と。う

アップルパイ

ファイル 436-1.jpgリンゴ農家のお客様が持ってきてくれました・・・

たっくさんの 紅玉りんご

それはそれは、真っ赤で、甘酸っぱい香りに包まれました

不思議です、見てるだけで口の中には唾が・・・

ファイル 436-2.jpg昨年お礼にお届けした、タルトタタンとアップルパイが
あまりに美味しかったんですって・・・

あれを今年も作ってもらいたいから・・・って

持ってきてくれたりんごは昨年より、出来がいいらしく立派!!

ファイル 436-3.jpgプレッシャー。。。

って思いながらも、りんごが素晴らしいからすっごく楽しく
ワクワクしながら作りました

夫が出張中の週末、ありったけりんご三昧

気温もパイ生地作りにぴったりの休日でした・・・

ファイル 436-4.jpg甘酸っぱいカラメルりんごに、シナモンを振ると・・・

秋、最高~!!・・・の香りは幸福ももたらしてくれます

ファイル 436-5.jpgサックサック・・・のうちに届けたいな・・・

りんごが申し分ないから、最高のアップルパイができました♪

ラムレーズンと胡桃のパウンドケーキ

ファイル 435-1.jpg三回目のサタデーキッズ

子供対象の公民館講座、今回はパウンドケーキでした・・・

楽しかったです・・・

ファイル 435-2.jpgこれからの男子は洗い物も、お料理も、

上手な方が絶対いいと思うよ・・・

各グループさんのチームワークもよくなってきました・・・

ファイル 435-3.jpg今回のために、作ってもらいました

オリジナルの消しゴムハンコ

「Hando made of サタデーキッズ」と

「はやめにたべてね」 のメッセージハンコ

ファイル 435-4.jpg焼き上げてる時間にひとりずつ、慎重に押しました

ほら、ハンドメイドのお店で売ってるお菓子るみたい・・・

子供達に大好評!!

ファイル 435-5.jpg次回はチーズケーキの予定ですよ・・・
お疲れ様でした。。。


10日間ほど、PCの不具合で更新できずにいました・・・
旬の果物がたくさん届いていて、
秋のお菓子にしなくちゃ・・・って焦ってたこの頃・・・

年に一度の健康診断が今日でした
血液さらさらを意識して、乳脂肪はちょっと控えていたけど・・・

また、復活です・・・ブログもお菓子も・・・

消しゴムハンコさん

ファイル 434-1.jpg男性の年配のお客様に、篆刻を趣味とされている方がいます

県の芸術展で賞を戴いた作品だそうです

しかし、落としてわずかに欠けてしまったらしく、ご自分で
また、同じように彫るには・・・

と、消しゴムハンコさんに依頼されました

ファイル 434-2.jpg菩薩様の表情を全く同じには・・・

と言いながらも・・・

すっごぉ~い!!

どんなオーダーにもこたえてくれる、
頼もしい消しゴムハンコさん

ファイル 434-3.jpgそんな、メキメキ腕を上げている消しゴムハンコさんに、お隣の市の文化祭からワークショップのお誘いが舞い込みました

会場に訪れた方達が、気軽に参加できる
ワークショップだそうです

用意してくデザインはこんなんでどうかなぁ・・・

ファイル 434-4.jpg・・・ちょっと固いとおもうんだけど。。。

小さい人には、カッターナイフは難しいし・・・

キティーちゃんや、ミッフィーちゃん・・みたいな・・・

単純で、素朴で、可愛い・・・動物なんかどぉ?

ファイル 434-5.jpgそこで、次に見せてくれたのは・・・

いい!!、いい!!

かわいい~!!


100円で参加できるそうです

張り切って準備中につき、覗いてみてください♪ 


明日、明後日、金浦公民館

フェルト手芸

ファイル 433-1.jpg何度も、何度も、色合わせと縫い直し

優しい色だけでまとめてみましたら


こんな模様・・・

ファイル 433-2.jpgやっと仕上がったフェルトの鞄です

レザーの持ち手を縫い付けるのも、なんて面倒なんでしょ・・・

提出期限ぎりぎりに仕上げてるから、
楽しい手仕事・・・のはずが・・・

そんな余裕ないよ~・・・


実はこちらは裏側です

ファイル 433-3.jpg表はこんな感じにしてみましたよ


真夏にやりかけのフェルトをだすと、妹に言われました・・・

なんて、暑苦しい・・・

まあ、失礼ね。。 ならば・・・


ファイル 433-4.jpg冬模様の暖かいバッグにしてみよう・・・

雪の結晶のモチーフに見えるかなぁ・・・

白いウールの毛糸の刺繍も何度も、何度もやり直し・・・

もぉ~・・・って言いながら、

じっとり汗かきながら・・・


ファイル 433-5.jpg子供が夏休みの作品をやっと仕上げた気分です

今日、珈琲豆の配達にいきながら届けてきました

お隣の市の文化祭の展示会場


昨年のウォルドルフ人形に続いて、今年はこんなバック達

自分のありったけの想いを込めたオリジナルが、
また一つ増えました・・・

ページ移動