秋田県由利本荘市の自家焙煎珈琲豆専門店『さい豆』の工房

記事一覧

消しゴムハンコさん

ファイル 434-1.jpg男性の年配のお客様に、篆刻を趣味とされている方がいます

県の芸術展で賞を戴いた作品だそうです

しかし、落としてわずかに欠けてしまったらしく、ご自分で
また、同じように彫るには・・・

と、消しゴムハンコさんに依頼されました

ファイル 434-2.jpg菩薩様の表情を全く同じには・・・

と言いながらも・・・

すっごぉ~い!!

どんなオーダーにもこたえてくれる、
頼もしい消しゴムハンコさん

ファイル 434-3.jpgそんな、メキメキ腕を上げている消しゴムハンコさんに、お隣の市の文化祭からワークショップのお誘いが舞い込みました

会場に訪れた方達が、気軽に参加できる
ワークショップだそうです

用意してくデザインはこんなんでどうかなぁ・・・

ファイル 434-4.jpg・・・ちょっと固いとおもうんだけど。。。

小さい人には、カッターナイフは難しいし・・・

キティーちゃんや、ミッフィーちゃん・・みたいな・・・

単純で、素朴で、可愛い・・・動物なんかどぉ?

ファイル 434-5.jpgそこで、次に見せてくれたのは・・・

いい!!、いい!!

かわいい~!!


100円で参加できるそうです

張り切って準備中につき、覗いてみてください♪ 


明日、明後日、金浦公民館

フェルト手芸

ファイル 433-1.jpg何度も、何度も、色合わせと縫い直し

優しい色だけでまとめてみましたら


こんな模様・・・

ファイル 433-2.jpgやっと仕上がったフェルトの鞄です

レザーの持ち手を縫い付けるのも、なんて面倒なんでしょ・・・

提出期限ぎりぎりに仕上げてるから、
楽しい手仕事・・・のはずが・・・

そんな余裕ないよ~・・・


実はこちらは裏側です

ファイル 433-3.jpg表はこんな感じにしてみましたよ


真夏にやりかけのフェルトをだすと、妹に言われました・・・

なんて、暑苦しい・・・

まあ、失礼ね。。 ならば・・・


ファイル 433-4.jpg冬模様の暖かいバッグにしてみよう・・・

雪の結晶のモチーフに見えるかなぁ・・・

白いウールの毛糸の刺繍も何度も、何度もやり直し・・・

もぉ~・・・って言いながら、

じっとり汗かきながら・・・


ファイル 433-5.jpg子供が夏休みの作品をやっと仕上げた気分です

今日、珈琲豆の配達にいきながら届けてきました

お隣の市の文化祭の展示会場


昨年のウォルドルフ人形に続いて、今年はこんなバック達

自分のありったけの想いを込めたオリジナルが、
また一つ増えました・・・

自家製酵母のレーズンパン

ファイル 432-1.jpg酵母の状態がいいうちに作りたいパン

クルミとレーズンのパン・オ・レザン

ファイル 432-2.jpgレーズンとくるみがたっぷり入った重量感のあるパン

クルミは乾煎りしているので、カリっと香ばしく・・・

全粒粉も入ってずっしり

ファイル 432-3.jpgレーズンの甘みとクルミの食感

そして、活きている酵母の味わい深い 「う・ま・み」


ファイル 432-4.jpgこの酵母の旨味はどんな高級チョコレートの甘みより勝るんじゃないかな・・・

今後、酵母の味が深まっていくのが楽しみです

冷蔵庫で大事に育てましょ・・・

ファイル 432-5.jpgこの一週間程、ず~っと夢の中にいるようなドキドキが続きました・・・

全身から溢れる力強いガッツポーズを何度も観れました

たくさんのエネルギーを貰いました

ありがとう・・・錦織選手 

酵母ぱん

ファイル 431-1.jpgフレッシュな酵母は元気

発酵カゴに入れて、乾燥しないように
濡れ布巾をかけ・・・

また、室温でゆっくり発酵

ファイル 431-2.jpg蒸気を利かせて、焼成

家庭用オーブンを290℃まで上げてから、

煉瓦にお湯をジャッ・・・の方法

ファイル 431-3.jpgまだまだ暑いなか、部屋はさらに暑くなっちゃうので・・・

汗かきながら・・・のパン焼き

苦労が報われたかのような・・・

コロンとした、こんがりのパンの焼き上がり・・・

ファイル 431-4.jpg釜出しをした後に、ピチピチと音を立てて
クラム(パンの外側)がひび割れていきます

今日のパンは成功ですよ・・・

って言ってくれてるようで嬉しくなる音

ファイル 431-5.jpgやっぱり美味しいです!!

自家製酵母の国産小麦のぱんのなんとも言いえぬ、
う・ま・み・・・

お気に入りのカップの珈琲はモカ・イリガチェフェG1

甘く、軽く、フルーティーな美味しい珈琲です

レーズン酵母

ファイル 430-1.jpg市販の天然酵母のパンを焼いて、口にするものの・・・

なんか・・・違うんだよね・・・

食べてて・・・嬉しくなるのって・・・

ファイル 430-2.jpg久しぶりに起こしてみました

ドライレーズンの酵母

気温が上がる季節は酵母液の完成も早いです

四日目かな?

元気に幾つもの気泡が絶えず上がっている様子を
観るだけで嬉しくなります

ファイル 430-3.jpg酵母エキスからパン種を起こすことさらに三日

ようやくパンの酵母が完成

ファイル 430-4.jpg自家製パン酵母を仕込水に溶かしてから・・・

今日の小麦粉は北海道の「ゆめちから」

発酵力は十分かな・・・

パン作りにはワクワク、ドキドキが伴います

ファイル 430-5.jpg朝夕はめっきり涼しくなりましたが、日中はまだまだ暑い・・・

室温で、の~んびり一次発酵 いいかんじにふわぁ~


なんであれ、力強い成長をみるのはたのしいことですが・・・

毎週、何かしらの食べ物を持って立ち寄る夫の義母
弱気な言葉ばかりになってきました・・・

順番に来るんでしょうね・・・子育ての次が・・・

キッズのおやつパン

ファイル 429-1.jpg最初はべとべとして、手にくっついて・・・

手を洗っちゃう子もいました

洗わなくって大丈夫、すべすべになっていくよ・・・

今日は袋に入れて一次発酵

ファイル 429-2.jpgスケッパーで四つにわけてくださ~い・・・

くっつくときは手粉をつけるといいよ・・・

各自、ソーセージが二本と、コーンと、チーズと・・・

ケチャップとピザソースも貰いに来てくださ~い

ファイル 429-3.jpg自分で捏ねて焼き上げたパン

それはそれは、おいしそう・・・

ソーセージパンを一個、焼きたての熱々をみんな頬張りましたが・・・

ファイル 429-4.jpg今回も・・・試食しないで持って帰って家族で食べる・・・の、お友達が二名・・・

優しいね・・・おうちの人も喜ぶね・・・

ファイル 429-5.jpg先週末がキッズのパン作りでした

ソーセージパンとコーンマヨパンとピザパンをラップに包んで
箱に入れてお持ち帰り・・・

次回もこの箱とゴムベラを忘れないでね・・・


20名の小学生が一人づつ、パンを捏ねて、焼き上げ・・・

蒸し暑い中での作業が三時間

予想はしていたものの・・・私も、疲れました~

マフィン

ファイル 428-1.jpg帰省した息子の限られた滞在時間に・・・

一人暮らしの学生が普段は食べれない・・・


地元の夏野菜たっぷりの夕飯と・・・
朝は淹れたての珈琲と焼きたてスコーン

ファイル 428-2.jpg気温が高いと、扱いが厄介な生地

フードプロセッサーでなるべく、手に触れないように・・・


バターが溶けないように、こまめに冷蔵庫

ファイル 428-3.jpg焼きたてが一番おいしいよ・・・!!

起きてこないと冷めるよ・・・!!

ファイル 428-4.jpg手作りのブルーベリージャム

あんまり甘くしていないから、傷むのも早いし、
出来れば全部食べていってよ・・・

じゃないと食べる人いないだもん・・・


ファイル 428-5.jpg多くのお客様が口にします・・・
子供や孫達が帰ってくるまでが楽しみで、
帰っちゃうと寂しくって・・・


そんな会話が理解できる歳になりました・・・

朝顔の日本古来の色が、なんて綺麗なんでしょう・・・
と感じるようになったのも、歳を重ねてから・・・

田舎の親たちは、また静かな日常に戻りました・・・

バターロール

ファイル 427-1.jpg市販の天然酵母は種起しして二週間位で使い切ります

息子の帰省に合わせて、天然酵母の国産小麦のバターロール

ファイル 427-2.jpg気温も湿度も天然酵母にはぴったり

室温でのんびり発酵

小麦粉の旨味が最大限に引き出されます

ファイル 427-3.jpg照り卵をして焼成

なかなか理想的な形は難しい・・・

でも・・・味はばっちり・・・

酵母の甘み、国産小麦のしっかりした歯ごたえ


ファイル 427-4.jpgとても腹持ちのいいパン

なんにもつけないで、パンそのものの味をしっかり
味わってほしいな・・・

ファイル 427-5.jpg大学生の息子はこの夏休み、居酒屋さんのアルバイトを休めないから・・・って細切れに2度帰省

それも各駅列車のみの5枚つづり切符「青春18切符」で・・・

いくつも乗り継いで11時間かけて、昨夕到着

今晩友人たちと会ったら、また、今晩のうち帰るんですって・・・

若いからできるスケジュール?!

まさに青春だね・・・

おうちカフェ・レッスン

ファイル 426-1.jpg昨日のカフェレッスンのフォカッチャに使ったズッキーニです

お客様にナイスなタイミングで頂いたので、助かりました・・・


なんて立派な縞模様のズッキーニ

ありがとうございます

ファイル 426-2.jpgピザとフォカッチャとアイスコーヒーのカフェレッスン
12名の参加者さん、みんなよく頑張ってくれましたよ


ホームベーカリーでパンは作るけど・・・
手捏ねで・・・は初めての方ばかり

ファイル 426-3.jpg気温はそんなに上がらないけど、湿度が80%近く
ちょっと動くだけで蒸暑いのに・・・

みんな汗をかきながら、顔を赤くしながら・・・ピザ生地をバンバン・・・頑張った後には・・・

ファイル 426-4.jpg淹れたての冷たいアイスコーヒーと試食用の焼きたての
ミニピザと焼きたてフォカッチャで一休み・・・

その30分程の間、空調していない部屋に置いただけで、ピザ生地はいいかんじにふんわり

室温が高く、整形に時間がかかると、ぱりぱりのはずのピザが
・・・膨らんできちゃいます

ファイル 426-5.jpg出来上がりは直径27センチ位かな

今回の環境では作業中にも発酵がどんどん進んじゃうので、
厚みのあるじゃんぼなピザ

おうちでササッと成型なら薄型ピザになりますよ・・・


熱々をそのまま各自がお持ち帰りの夏のカフェレッスン

今回もおいしい笑顔にたくさん会えました

楽しかったです

ベリーのベーグル

ファイル 425-1.jpg頂いたブルーベリー

我が家はジャムにしても食べる人がいなくって・・・

冷凍庫も混み合うので、なるべく使い切りたいな・・・

ファイル 425-2.jpgホーローのお鍋にたっぷりのブルーベリーとお砂糖

ベーグルに挟んで、垂れてこない程度にぐつぐつ・・・

ファイル 425-3.jpg全粒粉も入った味わい深く、もっちりのぱん

クリームチーズをたっぷり塗ってから・・・

たっぷりのブルーベリージャムをサンド

ファイル 425-4.jpgもっちもちで、濃厚なチーズとフレッシュで甘酸っぱい
ブルーベリージャム

なんて美味しい組み合わせ・・・

一個たべれば、暫くお腹すかない・・・のずっしりパンです

ファイル 425-5.jpgお盆が過ぎたら、もう夏終わり・・・のような

湿度が高く不快な日が続いています

明日のおうちカフェレッスンはピザ

発酵に十分な気温になるのかしら・・・心配です

ページ移動